素材で見よう!結婚指輪

結婚指輪の素材の重要性と人気の素材について

デザインがシンプルな結婚指輪はどの素材を選ぶのかが重要になります。見た目の雰囲気が変わるためでなく、耐久性にも違いがあるのでどれを選ぶかは慎重に決めましょう。 結婚指輪にはいろいろな素材が使われており、それぞれに特徴があります。まず一番多く結婚指輪に使われているのがプラチナです。白い輝きは、ダイヤモンドと相性がよいです。また、加工もしやすく変色にも強いのが特徴で、金属アレルギーの方でも使用できます。この他、ファッション性が高いことからゴールドも人気のある素材です。水中や空気中でもサビることがないのが魅力で、メンテナンスも布で拭くだけなので簡単です。プラチナとゴールドをコンビで使う人も多くなっています。

個性的な結婚指輪の素材について

独特の光沢が魅力のアレルギーフリーの素材として、ジルコニウムも結婚指輪で使用されます。アルカリや酸に対して強く、耐食性も高いため過酷な環境にも耐えることができます。そして、発色のバリエーションが多いため、指輪をカラフルに仕上げることが可能です。 普段使いが気軽にできる素材を探している方におすすめなのが、チタンです。変質しにくいことが特徴で、温泉や海水に入っても安心です。また、医療現場でも使われているチタンは錆びないことも魅力で、アレルギーの方も安心して使うことができます。この他にも木製やステンレスなど、いろいろな素材で指輪を作ることが可能なので、素材の特徴や使用するシーンによって選んでみましょう。